Topic outline

  • はじめに

    【コース概要】


    横浜が直面している危機と真剣に向き合い、市民一人ひとりのウェルビーイングの実現に向けたアクションを考えて行くセミナーです。


    横浜薬科大学の田口真穂さんに、介護、医療、防災、地域活性などの課題について、地域住民と様々な専門家が共に取り組む「とつかリビングラボ」の活動、そして医療・福祉・情報IT分野の若者たちを横につないだ「介護デジタルハッカソン」についてご紹介いただきます。


    ※とつかリビングラボは、横浜市戸塚区を拠点とするリビングラボです。介護、医療、障がい、子育てなどヘルスケア領域の活動に注力しており、年に一度「とつか未来会議」を開催しています。


    (2021年10月7日に配信された動画のアーカイブです)


    【コンテンツ目的】


    とつかリビングラボの取り組みを参考に、ヘルスプロモーションについて考えます



    【動画目次】

     0:00 はじめに

     06:50 学校薬剤師の役割

     13:00 とつかリビングラボの活動

     15:50 介護デジタルハッカソン

     29:30 とつか未来会議

     31:00 HUG(避難所運営ゲーム)

     36:45 かかえている課題

     40:45 高齢者のデジタル格差をなくす活動

     51:50 まとめ


    【コンテンツの進め方】

     このコースでは以下の進め方を推奨しております。

      1)動画の閲覧

      2)振り返り


    【スポンサーNPO】

     NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ


    【問い合せ先】

     NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ

     localgood@yokohamalab.jp

    • 1)動画の閲覧

      以下のリンクより動画が視聴できます。

    • 2)振り返り

      動画視聴後、下記リンクより質問事項への回答をお願いします。