本の著者が自著を解説する「オーサートーク」シリーズ。

『治療では 遅すぎる。 ひとびとの生活をデザインする「新しい医療」の再定義』を出版した武部貴則さんにお話を伺います。

武部さんは、「ストリート・メディカル」という方法により、人間らしさ(Humanity)の復権を目的とした医療の実現や、病める場から生きる場としての医療への転換のために必要な「医療の再定義」について書かれています。

武部さんが目指す「新しい医療へのアップデート」や、クリエイティブを武器とした新しい医療により、誰もがよりよい人生を獲得できる世界を創るためのムーブメントについてお話を伺います。


(2020年9月5日に配信された動画のアーカイブです)


日々の生活に寄り添う「新しい医療」について考える - LOCAL GOOD SCHOOL
コースの所要時間(分): 2:00:00
Webサイト(Webアプリ): No
動画: Yes
読み物: No
ワークシート: No
あり: No
表示対象ユーザー: 全ユーザー